07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

【ボルネオ島】コタキナバル旅行記(2日目・後半)

2012/11/26
コタキナバル旅行記(→2日目前半 )からの続きです。

ラサリア保護地区でのオランウータン見学ツアー、
・13時半からビデオ案内
・14時からツアー開始
だというのに、渋滞のせいでホテル到着が14時前に。

大急ぎで、
ホテルに併設されている自然保護センターへ。
P1150045.jpg

残念ながらビデオ案内は既に終了、
見学者はすでに森へと向かった後。

我々も続きましょう。
ゲートをくぐってしばらく歩くと・・
P1150048.jpg

森の茂みへと続くトレッキングコースが。
P1150051.jpg
狭くて急な階段を登っていき、
見学スペースであるウッドデッキへと到着。

ちょうどウータン達の食事タイム。
レンジャーさんが彼らの名前を呼ぶと・・・

わぉー 森のどこからかキター!
P1150055.jpg

生ウータン! 
P1150107_20121125173107.jpg

餌を求めてやってきたのは、3匹の赤ちゃんウータン。
P1150059.jpg

左側が、微動だにせず無心に食べる子。
真ん中が、レンジャーさんにしがみついたまま離れないベビちゃん。
一番右が、そのベビちゃんにずっとちょっかい出し続ける大きめウータン。
P1150068.jpg
足を引っ張ったり、腕を引っ張ったり。

レンジャーさんからベビを引き剥がそうと必死。
ベビは嫌がって、キーキー泣いてばかり。
P1150074.jpg
なんで意地悪ばっかりするんだろ、と思っていたのですが・・
実は誤解。

別のレンジャーさん曰く、
大きめウータンは4歳、ベビちゃんは3ヶ月。
2匹は姉妹。
目の前で親ウータンが人間に射殺され、
みなし子となって保護された経緯があり。
大きめウータンは、
親が人間に殺される姿を目撃したために、
無邪気に人に甘えるベビの事が心配で仕方ないそう。
それで、ベビを何とか人間から引きはがそうと必死とのこと。

・・・
おばちゃん、泣きそう。

絶滅に瀕しているオランウータン、
この子たちが自然に帰るにはまだまだ時間がかかるのかもしれません。
でも、いつかは安心して森に戻れる日が訪れますように。

ベビちゃんはレンジャーさんべったりで
食後はさっさと、レンジャーさんにくっついてどこかへと消えましたが・・

4歳の姉ちゃんたちは、元気もりもり。
すっかり遊びたいモードへ。(さっきまでの姉妹愛はどこへ?笑)

森の中を縦横無尽に動きます。
P1150084.jpg

木から木へ。枝から枝へ。いや~ 動きの速いこと、器用なこと。
P1150090.jpg

木からスルスル降りてきて、私達の前で写真サービス?
P1150110.jpg
愛らしいわ~

puki夫婦、ウータンにすっかりメロメロ。
いや~、来てよかった~。
こうして見学は大体1時間強で終了。

ウータンの興奮さめやらぬ状態でノドからからなので、
ホテルに戻って、ロビーラウンジでお茶することに。

オープンエアの広々としたラウンジ
P1150117.jpg
利用客はほとんどなく、静寂が心地よし。

私はレモネード、puki夫さんはルービー。
おつまみに出てきた、甘くないバナナチップスがすごく美味でした!
P1150121.jpg
シャングリラのオリジナルのようなので、
お土産に買って帰ろうっと。

帰りのシャトルバス時間までまったり。
17時にホテルをようやく出発。

外は日が落ち始め・・
P1150127.jpg

サンセットは車窓から。
見事な夕日、目にがっつり焼きつけたので満足。
P1150130_20121125173141.jpg

タンジュンアルに戻ったら、辺りはすっかり夜モード。
P1150138.jpg
ホテルビーチからのサンセットが美しいので有名だったのですが、
本日は間に合わず。
残念!

というわけで、部屋に戻りシャワーを浴びた後は・・
お約束の(?)クラブラウンジで風呂上がりビール。

しかーし。
今日はレストランで食事をしたかったので、
ビール&おつまみを少し頂くのみにして、自制自制。

自制して向かった先は・・
ホテルのイタリア料理ダイニング「ペッピーノ」。

レストラン入口には、巨大ワインセラー。
照明が落とされた店内はぐんと大人の雰囲気。
P1150144.jpg

puki夫婦も・・
ここではワインメインにして、お料理はおつまみ程度にしようと。
泡好き女子の差し金で、お手頃なプロセッコを注文。
あとは、前菜盛り合わせとパスタで。
P1150149.jpg
パスタ、
麺は少し柔らかめでしたが、ソースは絶品。

ちなみに・・
テーブルにサーブされるパン、数種類何れも美味しく。
パスタソースをつけて食べたりして。
これだけで立派なワインのおつまみ♪

イタリアンダイニング、
ここには大陸からの団体さんもおらず、
ワイン片手に食事を楽しむカップルやファミリーばかり。
高級感は保ちつつ、でもドレスコードもそんなに厳しくなくて、
堅苦しさも感じることもなく。

何より店員さんのサービスがキビキビしていて
気持ち良かったです。
居心地の良い空間で、puki夫婦は大満足。

こうして毎晩「街に出てゴハン食べよう~」と野望を頂きつつも、
ついついホテルでまったり食事。

今宵もいい感じに酔っぱらったpuki夫婦、
部屋に戻るなりバタンキュー。


小学生より品行方正な早寝早起き、
極楽ごくらく。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
台湾ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

また寒く、また大雨。@台北
明日も同様の天気が続きそうです。ぶぅー

13:52 ★旅行(マレーシア) | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
オランウータン
見学ツアー有名ですよね。
なのに私はまだ迷ってます。
ホテルでのアルコールは日本のお店並みと聞きましたが、やっぱり高いんでしょうか?

No title
初めまして。
morimamanと申します。台湾旅を夫とともに重ねています。
色々な台湾情報を検索しているうちに、出会い、以来、ずっと拝見をさせて頂いています。
台湾が明るく見える記事を、楽しく読ませて頂き、ご紹介の美味しいところへは、いつか足を運んでみようと、思っています。
今回も台湾旅より戻ったばかり。。。
気温差10℃以上は、辛い日本の冬の日々です。

これからも、拝見させて頂きます。
よろしくお願いします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ウルウル。。。
ウータン姉さんの愛情に私もうるる。。。。行動を見ているだけではわからない隠された意味があったんですね。きっとレンジャーさんに近寄ることができる今の状態になるにも 時間がかかったんでしょうね。根気のいる気の遠くなるような育児(育猿?)の連続、レンジャーさんにも脱帽です。
>シェリさま
動物園とか全く興味のない私でしたが、ウータンはすごく楽しかったですよぉ~!せっかくラサリアに宿泊されることだし、ぜひお薦めしちゃいたいです♪←ウータン押し売り
さて、ホテル内飲食の件ですが。
お酒は大体、台湾のホテルと同じくらいの印象を受けました。通貨リンギットを10倍すると、台湾元の価格になるくらいと計算して・・
ホテル内利用では
・ビールは25リンギット(約250元)
・グラスワインは22リンギット(約220元)
・コーヒー&ジュース系は15リンギット(約150元)
・カクテルは約30リンギット(300元)
こんな感じでした。^^
ちなみに、
ボトルワインも台湾ホテルと同じくらいだったような・・。
以上、旧正旅行のご参考までに♪

>morimamanさま
ブログをご訪問くださっていたとのこと、
ありがとうございます!!
台湾ブログといいながら、よく脱線したり、どーでもいいようなネタも多いにもかかわらず、本当に恐縮です。台湾旅行、お天気は大丈夫でしたか?
こちらは昨日今日とぐんと冷え込んで、今年初めて窓に結露も発生。いよいよ12月、台湾にも湿った冬が到来しそうです。(^^;
URLの件、ご連絡ありがとうございます!
またお邪魔させていただきますね!
>ルビ子さま
ウータンの動きが人間の赤ちゃんそっくりで、とても愛らしかったです。ベビウータンに向ける愛情なども人間とよく似ているなぁと。
ウータンのベストショットを狙いつつ、愛らしさにメロメロのおばちゃんpukiなのでした!^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。