07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

【台湾中部への旅】バス・電車での移動方法(台北→鹿港→日月潭)

2010/11/11
先日のこと。
puki夫さんの仕事も一段落しまして、
休日出勤した代休を取らなくては・・ということで。


2泊3日で行ってきました、台湾中部 への旅。


車を持てない駐在の身(※)ですので、
国内旅行といえば、移動は全て公共交通機関を利用します。

※補足説明(11/12追記)
運転免許の問題ではありません。
日本の免許証があれば申請するだけでこちらの運転許可がとれます。
こちら台湾(台北)では・・
企業側が、「駐在員のリスク排除」を目的として、
駐在員の運転に制限を設けているところが多いです。
駐在員が車通勤が必要な場合は勿論この限りではありませんが、
台北市内等に勤務の場合は、電車・バス・タクシーで通勤可能。
そうすると、やはり企業側としては「リスク排除」として、
車の運転は「自己責任」或いは「完全NG」を提唱しているところがほとんど。
(企業によって対応は異なります。)



旅程は以下の通り。

<1日目> 台北→鹿港→日月潭 (宿泊:日月潭)
<2日目> 日月潭→埔里→台中 (宿泊:台中)
<3日目> 台中→台北 



それでは、始まり始まり~。

<1日目>

【台北→台中】
puki夫婦は今回、台湾新幹線を利用。所要時間:約1時間。料金:700元(約2000円)。
台北⇔台中間は、台湾鉄道・台湾新幹線・バス と利用でき、いずれも頻繁に走っているので
予算と都合を考慮して、選択すればOK。
ちなみにバスだと、片道200元ほどで移動が可能です。(所要時間:約2時間半)


【台中→鹿港】
高鉄「台中駅」から鹿港までの移動方法は3種類。
①直行バスに乗る。 →乗り換えもなく、1番便利  
 ・新幹線下車後、改札口を出る。
 ・駅構内の1Fバスターミナルに向かい、5番ホーム「彰化客運」から「彰化・鹿港行き」に乗車。
  (約30分毎に出ています。)鹿港までの乗車時間:約1時間。

②台鉄で「彰化」駅まで移動。彰化駅前からバス乗車。 →鉄子・鉄夫気分を味わいたい方に・・   
 ・新幹線下車後、改札口を出る。→3番出口(台鉄「新烏日」駅)へ。
 P1070403.jpg

 ・台鉄「新烏日」駅→普通電車に乗車し「彰化」駅まで移動。
  乗車区間:2駅。所要時間:10分。料金:15元(驚きの、約45円)。
 P1070405.jpg
 ・彰化駅到着後・・
P1070408.jpg
  駅前の彰化客運ターミナルから「鹿港行き」バス乗車。(約15分毎に発車)
  鹿港までの乗車時間:約30分。料金:48元(約130円)
P1070410.jpg

③タクシーを利用
鹿港までは、タクシーだと所要時間約30~35分ほど。距離は約20Km。
そこで、時間がないけど鹿港に行きたい!と言う方には、タクシー利用という手もあり。
乗車料金は、メーター利用もしくは交渉価格で・・ということらしいですが、
色々検索したのですが、適正料金がどのくらいかは分らず。(すみません。)


puki夫婦の場合。
行き・帰りで違う景色が見たい~との理由で、
行きは ②電車+バス 、帰りは①直行バス という移動方法を取りました。

バス終点駅で鹿港の案内マップをもらい、鹿港探検の始まりです♪


(あ。別途記事にします。)


で。
帰りのルートですが。

【鹿港→台中】
上述の①直行バスを利用して、高鉄「台中」駅まで戻りました。
※注意: バス運行便によっては、高鉄「台中」駅に寄らない場合もあります。
     その場合は、彰化駅で下車してから台鉄に乗り換える必要あり。(上記②の逆パターン)


【台中→日月潭】
構内1Fバスターミナルの、「日月潭行き」乗り場まで移動。
乗り場近くに、南投客運の乗車券販売カウンターがあるので、そこで乗車券購入。(30分毎に出発)
乗車時間:約1時間 料金:180元 
P1070444.jpg

日月潭の案内マップ(日本語版)は、ここのカウンターで入手可能。
乗車時間が来ると、バス会社のおじさんが「バス来たよ~!」って声をかけてくれます。


さあ、これで。
今日の最終目的地 日月潭 までどうにか辿りつけそう。


ふう~っ♪


<ご参考>
各バス会社HPに時刻表が掲載されていますので、よろしければご参考ください^^。
(ALL中文)
★鹿港行きは・・ 彰化客運HP
★日月潭行きは・・南投客運HP


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
台湾ブログランキングに参加しています。
お帰り前に、「ぽちっと」ワンクリックの応援いただけると
大変嬉しいです・・^^。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 
 

16:00 ★旅行(台湾内) | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
No title
はじめまして。いつもこっそり拝見しております。
我が家も夫の駐在で台湾に近いうちに引っ越す予定です。
pukiさんご一家は台湾4年目だそうで。あとどのくらいのご予定なんですか?それまで台湾生活を満喫されて下さいね。
ところで、駐在家族は車が持てないっていうのは免許等の問題ででしょうか。。。?
台湾は
運転しなくても生活可能なのか、運転が荒くて運転禁止なのか?
車がないのは、大変ですよね。
日本じゃペーパーだった私ですら、カナダは車がないと
生活出来ないので、何とか運転してます・・・。
インドやタイの駐在だと運転手が付くらしく。
羨まし~。( 笑
ぴのさま
初めまして♪
コメントありがとうございます^^。
我が家の駐在もあとどのくらいになるのかは
会社のみぞ知ること・・で、全く予測がつかないです。転勤族の宿命ですよね・・(^^;
車の件、上記記事の説明が足りず申し訳ありません。
免許の問題ではなく、
駐在員の安全を第一に考えての「企業側判断」ということなのです。
よって、通勤に車が必要な場合は、もちろん会社側が用意するところも多いです。
ただ、台北市内に勤務の場合。
公共交通機関が発達していますので、「駐在員の個人車使用」は「認めない」、
もしくは「自己責任」で・・という企業が多いように思われます。
ちなみに、帯同の駐在妻さんで、自分で運転されている方は・・
私の周りでは1人だけしかいません。
会社の命でこの地に住んでいるということを考えると、
「できるだけ危険を排除する」というのも駐在員&家族の義務なのかな~という意識も
皆さんお持ちのような気がします。
以上、補足説明が長くなり申し訳ありませんでした(><)。
ぴの様、海外渡航準備で色々とお忙しいでしょうけど、御身体ご自愛くださいね。
台湾はとてもいいところですので、安心してどうぞお越しくださいませ^^。
penさま
カナダで運転されているのですね!かっこいい~!なんて思ってしまう私。
台湾(というより、私の住む台北)では、
交通マナーが良くない&町が小さい&バス・電車でどこでも行けるということから、
車を所有する駐在員は少ないです。
企業側も、リスク排除の面から「運転NG」もしくは「何かあっても自己責任でっせ」と、
車所有を推奨していないのが現状なのです。
所変われば、生活環境も色々ですよね~。
運転手付き・・憧れる~。。^^
No title
まあ・・・
会社で「自動車通勤OK」といわれても
ペーパードライバーのわが夫は無理でしょうなぁ(ーー;)
沖縄で、他のドライバーに
「免許持ってんのかよ!」
と罵られた記憶はまだ新しいです(T^T)
鹿港!
鹿港行ってみたいんです。
記事の更新楽しみにしております(^ー^)

車・・・あれば便利でしょうが
台北で乗る勇気はないです。
夫は車ラブなので、運転できないこの数年は
本当にストレスのようです。
belindaさま
「免許、持ってるわい!いや、よく分らないけど・・」っていう
junkoさんばりの切り返しをすれば、相手も退散したかもね・・♪
ばななさま
嗚呼~。puki夫も車ラブ夫くんなのです。
ねえねえ、リモアくんも、「日本に帰ったらこんな車を買おう」妄想を
ネット見ながらしている??笑

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。