03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

【雲林】台湾産コーヒー(古坑珈琲)の産地

2010/07/28
台湾西部の旅。
雲林に住むファミリー(チビちゃん3人+大人2人)も加わり、
2台の車で旅がスタート。

雲林でのドライブ目的地はこちら。

台湾珈琲の産地として名高い、雲林縣古坑郷。
ここで採れるコーヒーは「古坑珈琲」と呼ばれています。
P1060751.jpg


【台湾コーヒーの歴史】
◆17世紀オランダ人によって持ち込まれる。
◆その後、日本統治時代に日本人によってコーヒー豆加工工場が台湾各地に設立、
 日本向けに生産輸出。
◆雲林縣古坑郷産のコーヒーは特に品質が良く、「昭和天皇献上品」とされた。
◆しかし、日本時代の終わりと共にコーヒー産業は衰退。
◆その後、近年の珈琲嗜好の高まりにより、政府援助を受け徐々に復活。

【古坑コーヒーの特徴】
深みのある苦味とコク。甘みがあり、酸味は弱め。


車で山深く入っていきます。
このあたり、とにかく檳榔(ビンロウ)の木だらけ・・・

P1060743.jpg

というか、山まるごと「ビンロウ」やし・・(^^;。
周辺はビンロウ山ばっかり。
P1060748.jpg

こんなビンロウだらけの所でコーヒー農園なんてあるのかしら・・
と疑問でしたが、山の頂上近くでようやく目的地である
コーヒー農園&カフェに到着。

カフェ入り口。
P1060741.jpg

中には、カフェスペース&コーヒー豆加工スペースがあり。
なかなか味のある雰囲気です。
最近の更新9

我々は外のオープンスペースを利用。
なかなか雰囲気があります。
P1060756_20100728010629.jpg

しかーし。
香り豊かなコーヒーを味わってたのはpuki夫婦&ケビンのみ。
残り全員、「コーヒーは苦くて飲めないのよ」とのことで
ジュースや紅茶を注文。
(ま、ケビンもミルク&砂糖を大量投入して珈琲の香りをぶっ飛ばしてましたが・・^^;)

コーヒー農園の雰囲気を味わうだけでいいの♪ということらしい。


ちなみに、我々以外のテーブルでは、
火鍋ランチセットを食べてる率、めっちゃ高し。
珈琲専門カフェなのに、メニューに火鍋セットがあるのが・・・

さすが台湾。


【おまけ】
古坑珈琲、とても美味しかったので豆を購入。
飲むのが楽しみだなぁ~。
P1060809.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
台湾ブログランキングに参加しています。
お手数をかけますが、ワンクリックの応援いただけるととても嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
※次回は、台中の最大夜市「逢甲夜市」を紹介予定です^^


00:27 ★旅行(台湾内) | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
初めまして。
先日、台湾情報をいろいろ探していたら
このpukiiさんのブログ発見し、以来よく
拝見させて頂いてます☆

私は台湾大好きで、pukiiさんの台湾生活が
とてもうらやまし~です!!

またこれからも拝見させてください♪
No title
スタバも繁盛してるし
台湾の人、結構コーヒー好きなのかと思ったら
・・・火鍋・・・うぷぷ。
いいわーいいわー。
旅行記、また続きが楽しみだわん(^・^)
Nonさま
初めまして♪
訪問&コメントありがとうございました。
とても嬉しかったです。
台湾は知れば知るほど面白いところだなぁと思います。
私のブログも「楽しい~」と「凹む~」が交互に登場しておりますが、
よければまた遊びにいらしてくださいね。^^
belindaさま
なんかね、カレー火鍋にキムチ火鍋に海鮮火鍋、色々揃ってたよ。
台湾の人って、コーヒー飲む人多いけど「ブラック」で飲む人には出会ったことないんだよね~。
大体、大量砂糖投入系?
やっぱり甘いもの摂取の文化なのかしらん。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。