10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

未だ慣れないんですよね・・

2010/05/13
こんにちは♪

台北はただいま梅雨入り中。
どよーんと湿っぽい空気が流れています。
週末は一転して夏空になるようで、楽しみ&コワイ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さきほどのこと。
一緒にお茶していた台湾友と別れ、独りでMRTに乗車。
空いている席に座り、本(日本語の小説)を読んでいたところ・・。

隣のおっちゃんが突然話しかけてきました。

おっちゃん「あんたすごいねー。日本語の本読むなんてー!」

puki 「私は日本人ですから・・^^」

するとおっちゃん。
「あんた日本人? 台湾で何してるん?」

って。
私は夫の仕事の都合で台湾に住んでいることを話すと。

おっちゃんからの質問攻め・・・


以下、おっちゃん質問と私の回答

        「何の仕事?」    →●●関係です。

        「会社の名前は?」  → 秘密です

        「給料いくら?」   → よく知らない

        「知らないわけないだろ?」→日本円でもらってるから(嘘ついてみた)
      
        「じゃあ、日本円でいくら?」→ 知らんわい(だんだんムっとする私)

        「どこに住んでるの?」   →言いたくない

        「ダンナの会社はどこ?」  →またそれかい~!    等々^^;  

        
たまに遭遇するんです。
こういう、知り合いでもないのに「今日は天気良いね~」的感覚で
露骨に色々聞いてくる人。

収入以外に・・・
☆今のマンション、家賃いくら?
☆日本の持ち家の広さ&購入金額&いくらの家賃で貸しているのか?

なんかもけっこう多い。

しかも。
今日のおっちゃん、私に「来台灣幹嘛?」って・・

幹嘛 って。
親しい間柄以外で使われると正直とても違和感を感じます。
(おっちゃんに、カチーン!と感じてしまったワタシ。)

実際どんなものなのでしょうか?
言葉の持つニュアンスがたまに掴みきれずにいるpukiでございます。
はい。



ま。気を取り直して。
明日から「台湾で癒され隊」女子隊員4名が台湾に上陸。
フルアテンド予定なので、
アテンド内容はまた週明けにでもupしまーす。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
台湾ブログランキングに参加しています。
お手数をかけますがワンクリックの応援いただけると、とても嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

22:43 ◆台湾(習慣・文化) | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
わかるぅ~
会社、給料、家賃、子供の有無・・・なぜ聞きたいの?

昨日もヨガ教室でポーズ中に
「子供はいつ作る?台湾で産みなさいよぉ~」って・・・
オイオイ・・・ほっといてぇ~
あらま
おっちゃん、しつこいですねぇ。 でもやはり台湾人パワーですねぇ。 

自分がハイのときには楽しいつっこみですけど疲れてるときはいらっときますよね。

それにしても、Pukiiさんさすがですね。 ちゃんと会話をしている。 

私は昨日中華路で迷子になり地図を広げていたところどやどやと台湾お助け隊が登場したけれど 何を聞いているのかさっぱり分からずかえって混乱してしまいました。 うぅん、先は長いぞぉ!
厳しい。
これは厳しいよね。。私もだんなの給料とか わんこの値段とかよく聞かれました。

それにしても失礼なひとだけど、、よくいますね。 さら~と流しましょう。
あんまり大きく出てしまうと危ないのできをつけてくださいね。

幹嘛ってどういう意味かしら。。
(自分で調べます)
頃合い
私は、台北のMRTやバスの中では、日本語の本は読みません。今回のpukiさんのようなことがありうるから、とまで考えているわけではないけど、なんとなく奇異の目で見られたり、日本人ともろにわかったりするのがいやなので。

ぶしつけな質問をされないようにするには、なるべく相手にそのきっかけを与えないようにするのも必要だと思うけど、あまりガードを堅くしてもその分台湾人と触れ合う機会を失うかもしれず、その辺の頃合いが難しいですね。
No title
自分もMRTでケータイをいじっていたら隣のカップル(実は姉弟だった)に声掛けられたことがあります。
どきっとしましたが、片言の日本語でやり取りしました。
相手がよくてよかった。おっちゃんには注意ですね。
No title
台湾の人は適当で自分ペースですから、
こっちも適当に答えたらいいと思います。

時にはこっちの中国語の練習になってもらって、
「倒是阿媽、有幾個小孩啊」
「他們都是幹嘛的?」
「他們每個月給你多少錢?」
「有幾個孫子?」
「住哪裡?」
「買的還是租的?」
「幾年前買的?」
「多少錢?」
などなど、
質問は簡単で、答えるのが大変そうなのを
よ~く練習しときましょう~
junさま
ヨガのポーズ中って・・・
どこまでマイペースなんだ、おばさん。
ある意味、余裕があるのか?笑
jimmyさま
いえいえ。
会話と言っても一文やりとりで、「おしゃべり」には至っておりません。^^;
一部の台湾の人、ものすごーく気さくです。
気さくすぎて・・・^^;
howameiさま
ワンコの値段っ!ひえー!
でも、聞きそう~!
あと最近では、「あんた何年次?」と民国暦で聞かれ、知らない~というと。
「没関係!じゃあ、何歳?」って・・・
ああ、一応最初は間接的に聞こうと思ったのね・・とやっと気付いた私。笑
maryさま
私の以前のクラスメイトの美人の日本人留学生ちゃんは、電車で中国語の教科書広げると、「中国語勉強している日本人!」とすぐに分ってしまって、友達になってくれ攻撃が激しいので、
電車の中でテスト勉強ができない・・と嘆いておりました。
美人には美人の悩みがあるんだなあ~と・・^^
magokoroanさま
全ては日本人への好奇心や関心の高さからなのだと思うと、
ある意味有難いことなのでしょうけど・・^^;
会話が直接的なのは、国民性なのもあるのでしょうね。
skさま
ありがとうございます!
逆に中国語のレッスンだと思うと♪
すごく効果がありそうですね。
教えていただいた全て、いつかどこかで
使いこなしてみたいです~♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。