07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

蒸し焼き肉マン(水煎包)を頬張る@張記韭菜水煎包

2009/12/04
いや~ 今日から急に冷え込みましたね。
明日も最低気温14℃くらいになりそうなので、羽織りモノ必須です。

中国語学校、昨日から新学期スタート。
今期の老師、うれしいことに前期に引き続き「下ネタ大好きどすこい老師」。わ~い。
教材はどんどん難しくなってくるけど、この老師に習えるなら頑張れる。
張りのある3ヶ月間を送れそうでとても嬉しい。

余談はこのぐらいで。

西門町のつまみ食いネタをもう少し。

台湾に来て初めて食べたモノ、本当にたくさんあります。
水煎包 もその1つ。肉マンを蒸し焼きにしていて、
皮底は焼き目パリッ、皮部分はふっくら、餡は肉汁ジューシー! 
P1040379.jpg

まあそりゃ、美味しくないわけがない~(^^)。

この水煎包、台湾のあちこちで食べることができます。
が、やはり美味しいと評判のお店に行ってみたい!

ということで、西門町にある 張記韭菜水煎包 へとGO!



水煎包はお店入り口でどんどん作られています。
店内に入ってすぐにあるカウンター(おじいさんが座っている)で、欲しいものを注文して支払い。
席を確保すると、すぐに持ってきてくれます。

店の看板名にもなっている 韭菜水煎包(ニラ焼き肉マン)。
中には新鮮なニラがたーーーーっぷり。春雨や干しエビも一緒に入っていてニラのうまみがさらに引き立つ!
P1040381.jpg


もう1個、 高麗菜水煎包(キャベツ焼き肉マン)を注文。
こちらもアツアツで登場。オーソドックスな味で安心して食べれます~。
P1040385.jpg

小菜はキャベツの甘酢漬を♪ 
P1040389.jpg

その他、緑豆入りのおかゆも定番のようで、周囲の人はみんな食べていました。

水煎包は1つ15元(約45円)。

puki夫が1つ、私が2つ食べ、小菜1つ頼んで、合計70元(約200円)。


西門町は今でこそ若者エリアですが、
日本統治時代は日本人向け繁華街、終戦後は大陸から来た外省人向け繁華街として繁栄したとのこと。
こちらのお店は、懐かしい味を求める外省人のおじいさんが今でも多いそうで、その人気がうかがえます。

確かに。
puki夫婦が食事していたときも、常連のお客さんばっかりでした。

朝食代わりに、軽いお昼に、気軽に立ち寄れるこういうお店は
とってもありがたい。
肉マン2つ30元で、十分おなかいっぱいになりまっせ~! うほほ~い!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
張記韭菜水煎包

住所 台北市中華路一段200號(MRT西門駅から徒歩5分ほど)
電話 02-2311-4719
営業時間 7:00-19:00
定休日 毎週月曜日



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
台湾ブログランキングに参加しています。
お手数をかけますが、ワンクリックの応援いただけるととても嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
01:01 ◎食べる(小吃) | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
母の兄弟
母の兄弟は 西門町にすんでいたんですよ。
昔は今劇場があるあたりに市場があったそうです。 デパートもあったそうです。
今もにぎやかなのはその名残でしょうか。

本当に手軽に食べれる食材がたくさんある
天国ですね。 飽きることはないですねえ。。
もっともっと開拓してくださいね。
howameiさま。
昔は、龍山寺付近から迪化街あたりの西側地区が栄えていて、なかでも西門町は、総督府のあるお役所街に近いから一番の繁華街として発展したんでしょうね。
台北は、内省人の食文化と外省人の食文化が混在していて、どちらも楽しめるのがお得ですよね~。^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。