05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

授業初日とボポモフォ

2007/06/06


授業初日。


私のクラスは午後なのですが、
別途、今日から一週間、初心者向けの「発音クラス」「漢字クラス」が開催。
私は「発音クラス」に午前中参加してみた。


中国語の1番の基本。
四声と発音は、何度学習してもいいものかなと思ったのと、
あと、台湾独特の「ボポモフォ」を教えてもらいかったので。


添付の画像は、台湾で使われている「注音記号」、いわゆる「ボポモフォ」です。



「ボポモフォ」と「ピンイン」の違い両者とも、中国語の漢字を読むための「ふりがな」のようなもの。「ピンイン」 →大陸式。アルファベット使用。中国語学習者は通常ピンインで習います。        (利点)アルファベットなので取り組みやすい。        (難点)実際の中国語の発音とは違う部分があるので、            初心者はルールをしっかりと頭にいれないといけない。「ボポモフォ」→台湾のみ。独特の記号を使用。台湾でのみ普及。        (利点)中国語の発音に対して正確に表記されているので、            覚えてしまえば、きれいな発音が習得しやすい。        (難点)台湾だけの普及。            覚えるまでは、宇宙人の記号のようにしかみえない・・   
         

 

ピンイン慣れした私には、台湾ボポモフォはまさに「宇宙のメッセージ」。



でも、老師によってはボポモフォのみ使用の場合があるらしく、
そうなら腹をくくって覚えてやる!と鼻息荒くしてボポモフォを見つめていたわけですが。



なーんてことはない。



私の老師は、ピンインばっちりの若い老師でした♪ 



ま、でも、発音クラスは1週間継続してみようと思います。



初心に帰って。



って、まだバリバリ初心者ですが・・(^^;
 
 
20:01 ◆台湾(中国語) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。