07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

言語交換のこと

2009/01/11
言語交換ってなにするの~?



日本の友人からよく聞かれます。


【言語交換とは?】
外国語学習の1つの手段。
互いの母語を勉強している学習者同士、互いの言語を用いながら相互学習をするというもの。
学習方法は千差万別。
お互いの教科書を使って勉強したり、おしゃべりに重点を置いたり等。
2人でも複数でも可。
学習時間、言語を平等に半分ずつ区切ることもあれば(前半は日本語のみ、後半は中国語のみ、等)
互いに学習している言語を使って会話していく方法もあり。ほんと色々です。 



【相手の見つけ方は?】
★ネットの言語交換相手募集サイトで探す。
★学校の掲示板に張り出されている相手募集広告から探す。
★友人からの紹介。
★カフェ等で直接声かけられる。
 (日本語の本読んでたり、出た携帯に日本語でしゃべってたりすると時折声かけられます^^)



【時間&場所は?】
大体、週1回2時間が目処。
一般的には、スタバなどのカフェでコーヒー片手にやっています。
ちなみに、学生さんとは大学のカフェテリアでやっています。(お茶代すら無料♪)


で、私はといえば。
上記すべての方法で相手に出会い、言語交換した経験あり。
現在3名と言語交換しています。
夜が2名。1対1でやっているので、週2回。お相手は2人ともOLさん。
昼が1名。師大の学生さん。こちらはたまに2対2の4人でやっています。
共通しているのが、みんな「日本大好き」でいてくれること。
彼女たちがいつも日本のドラマや本を読んで日本語を勉強している姿を見るにつけ、
エライなあ。。ワタシも見習わなくてはなあと刺激いっぱい受けます。

余談ですが。
先日の言語交換の際に、「ふすま」について聞かれました。
「押入れ」の絵を描きつつ、しどろもどろ説明していたところ・・
台湾人Mちゃんの一言。
あー!「押入れ」って「ドラエもん」が寝起きしているところ?

おお。その通り!
ここ台湾でも、ドラエもんはMちゃん(27歳)が小学生の頃からの人気アニメ。
日本のサブカルチャーから日本に興味を持つというのは、
ここ台湾でも顕著な傾向だな~、と改めて実感。


台湾に住んでよかったのは、
日本語学習者がものすごく多いということ。
なので、言語交換の相手を探すのは幸いに全く困りません。
そして、学校でのお勉強とはまた違って、
同世代の台湾の女性とおしゃべりするのはすごく刺激を受けるし、
生活の中の疑問や困ったことも、彼女たちのおかげで1つ1つ解決していけるのは
本当にありがたいです。

言語交換をすることで中国語が上達するのかどうか・・は人それぞれ。
ワタシ自身、その成果は???(^^; なのが現状なのですが、
それでもこうして楽しく中国語に触れ、台湾をより深く知ることができて、
「下手くそでも積極的に話す」という勇気を持つきっかけ作りになれたことが、
言語交換の大きな収穫だったように思います。


無料で楽しい言語交換。
日本に帰国してからも、相手を見つけて、できれば続けたいなあ。。
 
   
 
 




 


 
18:53 ◆台湾(中国語) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。