08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

台湾の旧正月準備2(お祝い菓子を作ろう♪)

2009/01/19
ここ数日、暖かい台北です。
つい習慣で防寒コート系を着て出かけるのですが、

日中の気温20度・・

なんですよね。上着要らないです~。
でも、時に「冷蔵庫状態バス」に出会う可能性もあるのでなかなか油断できないのですわ、はい。


さて本日。
学校主催の春節イベントに参加してきました。
テーマはこれ。

台湾のお祝い菓子「発糕」と「紅亀粿」を作ろう!


上が「発糕」と下が「紅亀粿」






【発糕(ファーガオ)とは?】カップ入りの蒸しケーキのようなもの。旧正月を祝う「伝統菓子」として食べられるそうです。色は茶色や白やピンク三色があります。米や砂糖、発粉で蒸すので、味はあっさり、モチモチ食感がとても美味しい!「発」は「発財(お金が貯まりますようにという意味)」と同じ発音で、「糕」は中国語で「ケーキ」の意味です。
生地を型に流し込みます。これを蒸すのですが・・



蒸し上がるとこんな感じに♪ 生地に割れ目ができて大成功なのだ~




【紅亀粿(台湾語でアングウグイ)とは?】こちらもお米の粉で作った「蒸し餅」のようなお菓子です。中身は、ピーナッツ粉や餡が入っています。台湾では、「拜拜(お参り)」時に神様へのお供えモノとしてよく使われるそうです。「紅」はお祝いを表す「赤色」のこと。「亀」は長寿を象徴、健康長寿を祈っています。よって、このお餅は「赤い色」で「亀」をかたどっているというわけ。このお菓子。台湾では、台湾語読みが一般的な為、北京語読みでは通用しないそうです(^^;。
紅亀粿を作る「型」がこれ♪



既に切り分けてもらった生地に餡を入れて丸くこねこね



型にのせて~ 



葉っぱに生地をポンと置きます。



蒸す前はこんな感じ。これが蒸しあがると上記のようなキレイな赤色に早変わり!



みんな真剣なまなざしで作ってるんだけど・・粘土遊びしてるみたい^^;





いやー。わいわいがやがや、
台湾の伝統行事「春節」に触れるいい機会でした。


今日は、お昼食べる時間ないくらい忙しかったpukiちゃん。
腹ぺこちゃんでこのイベントに臨んだわけですが・・

どうしても・・
赤い着色料がたっぷりの「紅い亀」を完食できなかったっす。。

よく考えれば、どちらのお菓子も「もち米」で作っているんですよね~。
そりゃ、お腹にたまるわなあ・・(^^;。
 
 
でも、とてもいい体験が出来たなり~♪ 
  
  
 
 
 
23:07 ◆台湾(習慣・文化) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。