05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ベトナム料理@翠林越南餐庁

2009/01/21


今日は夫が歯医者さん通院のため残業ナシ帰宅。(明日は雨ふるかもねえ~^^;)
連絡をもらった時には私もまだ帰宅していなかったので、
よし、じゃあ何か食べに行こう!と中山に新しくできたタイ料理屋さん「瓦城」へとGO。

ごはん食べはじめてから気づいたこと。
し・・・しまったアルよ・・・

明日もお昼、友人とタイ料理を食べに行く予定だった・・・

タイ料理の連チャンかあ。。^^; (puki夫は「まあ頑張ってよ!」とニヤニヤするのみ。ぶー)

とまあ前フリはこのへんで。
先週末に女子4名で出かけた「ベトナム料理」をご紹介♪ 東南アジアづいてます。

ここ台北では、タイ料理とベトナム料理のお店が日本に比べてはるかに多いです。
しかも安いし。
東南アジア華僑が多いのもあるだろうし、
台湾の亜熱帯気候が、スパイシーなエスニック料理を美味しく感じさせることもあって
日本以上に台湾の人々に受けいれられているような気がします。
(家族で食事している姿もよく見かけます。日本だと基本若い人しか食べない気がする・・)
 
ちなみに、台湾における各イメージとしては・・
★タイ料理  →比較的ちゃんとしたレストランが多い気が。
        お店の内装も高級感出そうと頑張ってる感じです。
★ベトナム料理→屋台系多し。安くて食べれる小吃店形式が多い気がするなあ。

そんな中。
先日出かけた「翠林越南餐庁」は、白いテーブルクロスが掛かった
ちゃんとした系(?)レストランでした。
でも、メニュー見てびっくり。お料理はどれも100元台。(タイ料理店だと300元前後します。)
うひょひょーー!

しかも・・

感動の「お酒の持ち込み」無料!


だーーっ!これ、酒飲みにはすごくポイント高いです。
ベトナム料理食べながら好きなお酒を味わえるとは・・
台湾は基本、どこのお店でもお酒の持ち込みが可能です。但し、基本は有料。レストランの格式&お酒の種類によって持ち込み料金が相違します。例えば・・ホテル内&高級レストランだと、ワイン持ち込み料は1本あたり500元。一般的なレストランだと、1本あたり200元ほど。普通の食堂系や小吃店だと、無料なことが多いです。持ち込み料はお店が独自に決めているので、店によって色々なのが実情。

ここのレストランはちゃんとしているのに、持ち込み料無料だなんて・・(^^)/

グッジョブ!


この日食べたお料理色々・・

ベトナム料理の定番「生春巻」と~


「揚げ春巻」



この生野菜軍団は無料です。なくなればドンドン補充してくれる!美容によさそう~!



ベトナム風豚トロ炭火焼(上記の野菜にくるんでバクバクいっちゃいます)



牛肉のサラダ。スパイシー!ビール進みます。



女子4名のお気に入り。ベトナム麺(河粉)焼きソバ。麺の歯ごたえが絶妙でした。



ベトナム版卵焼き(野菜類たっぷり入っています。卵で作ったチジミみたい。これも大人気)




いやー。大満足。
お料理はどれも美味しいし、ビールもたくさん飲んだけど
1人当たり380元(約1200円弱)ぐらい。

あっぱれ!
pukiさんお気に入りレストランへと昇格です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
翠林越南餐庁

住所  :台北市忠孝東路三段10巷16號 (MRT忠孝新生駅3番出口からすぐ)
電話  :02-2721-5110
営業時間:11:30~14:30 ・ 17:30~21:30

公館にもお店があります。
 
 
 
 
 
01:35 ◎食べる(エスニック) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。