FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

【台湾南部2泊3日】墾丁シーザーパークホテル(墾丁凱撒飯店)

2011/06/09
墾丁では・・

墾丁シーザーパーク(墾丁凱撒飯店)に宿泊しました。

今回の宿泊は、ホテルHPからネット予約です。
※ホテルHPはこちら→墾丁シーザーパーク(日本語HP)



P1080707.jpg

【シーザーパークを選んだ理由】
・ホテル内施設が充実していること。
・海辺に近いこと。
・墾丁中心街までお散歩できる近さであること。

【ホテルの雰囲気】
こちらのホテル、墾丁では一番人気の高級ホテルです。
が。
実際は、良くも悪くもカジュアル。
宿泊客はファミリー層がメインなので、子供向けレジャーや施設が充実。
夏休みや連休なんかは、ワイワイガヤガヤ。
カップルが「静かで落ち着いた雰囲気を・・」と求めると肩透かしを食らいます。

【お部屋について】
今回宿泊したのは、一番ベーシックなお部屋。
室内は上品にまとまっています。全室、無料の無線LANが利用可能。

ベッドも大きく、私のようなデカ女でも快適睡眠。
P1080709.jpg
ベッドの真横にバスタブあり。
開放感あるお風呂をど~ぞっ♪ってことでしょうか。
・・・。なかなか無理のあるレイアウトです。

部屋からの眺めはOK♪
P1080724.jpg
が、夜遅くまで生バンドの歌声が響いていたのはNG。
(伍佰とかjolin等カラオケ状態。合わせて部屋で歌ってたpuki、意外と楽しんでしまいました。)


【館内施設あれこれ】

ロビーラウンジは素敵でした。大人な雰囲気です。
P1080725.jpg

プールは子供が遊ぶのにちょうどいいサイズ。
P1080729.jpg
ちびっこは皆いい顔して遊んでたなぁ~。^^

海辺では。
ビーチの敷地半分を「プライベートビーチ」と称して利用している模様。
そこの敷地に、ホテルのパラソルが並んであり、ビーチバーなんかもあります。

ビーチは意外と空いていて、我らもパラソルを借りてのんびりと。
P1080746.jpg
(宿泊客は、パラソル&デッキチェア無料で借りれます。)

波の音をBGMに読書。
P1080741.jpg
しかし、ここは台湾。
海風にそよがれつつも、<ザ・タイワン>な人々や光景を目にしては
つい人間ウォッチング。

【宿泊客向けレジャーについて】

ホテルが企画するミニツアーが数種類ありました。
・森林お散歩ツアー
・見どころ観光
・サンセットツアー 
・星空観測ツアー 等。
いずれも所要時間@約3時間、参加料@200元ほどなので、
参加しやすいなぁと。
但し、申し込みは出発12時間前までが必須。
我々もサンセットツアーに参加したかったのですが、
申し込みが遅かった為参加できませんでした。
(今回は何かと後手後手ですわ。)

その他、レジャーセンターなるものがホテル地下にありました。
・おちびちゃん向けプレイランド。
・ゲームセンター
・ビリヤード場
・パソコンルーム
・麻雀ルーム    等。

我々ですか?

もちろん・・

最近の更新40
こちらで熱き戦いを・・。





【食事について】 
シーズン中のせいか、
宿泊予約は「食事(朝食・夕食)付きプラン」のみを扱っていたようで、
宿泊客は皆、ホテル内レストランで食事をしていました。(我らも然り)

朝食はビュッフェ。感想は・・普通でした(^^;。
夕食は、中華・野外BBQ・ビュッフェ の3か所から選択。
我が家は、初日にビュッフェ、2日目に野外BBQをセレクト。 
感想は・・これまた普通でした(^^;。

でも、ビュッフェとかBBQとかって、ちびっ子は喜びそう~。
最近の更新39
好きなものを好きなだけ。
クイズです。ハーゲンダッツのアイスばかり山盛り食べてた日本人オンナ、
それは一体誰でしょう?


以上。
簡単ですが、ホテルのご紹介でした!

そうそう。
公共シャトルバスはホテルの前に停車するし、
ホテルから徒歩3分のところに、コンビニ(7-11)やスタバなんかもあって、
立地はとても良かったです。

高鉄左営駅⇔ホテル間の無料シャトルバスもありますので、
(左営駅14:15発 ホテル11:30発 の1日1往復。所要時間:2時間。要事前予約。)
車がない場合、こちらでの宿泊はなかなかお勧めです♪



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
台湾ブログランキングに参加しています。
お手数をかけますが、ワンクリックの応援をいただけると
とても嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

今日もがっつり35℃の世界@台北。
勇気を出して、今から外出します。
スポンサーサイト



11:03 ★旅行(台湾内) | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME |